学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第3巻第2号掲載

M&Aと簿外資産として知財の論理
Intellectual Property Logic about M&A and Off-balance-sheet Asset


石井 誠、関 大地、八木 幸司
Makoto Ishii, Daichi Seki, Koji Yagi

日本知財学会誌 Vol.3 No.2 p.13-20(2007-1-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.3 No.2 p.13-20(2007-1-20)

<要旨>
M&Aは,「選択と集中」による企業価値の最大化を達成するための有効な手段である.M&Aが企業価値の最大化という目的を達成するためには,M&Aの対象となる企業(又は事業)の価値を分析し,その源泉であるバリュードライバーを如何に把握することができるかにかかっている.バリュードライバーは会計上,オフバランス資産となっていて,貸借対照表上に反映されていないことが多い.このバリュードライバーを無形資産として会計的側面から認識・測定するプロセスがPPA(purchase price allocation)である.PPAは会計上の要請から認識・測定のいずれの段階においても客観性が求められる.ここでは,M&Aプロセスにおけるバリュードライバー分析とPPAの意義・関連性,会計的側面から見たPPAの留意点について考察する.
<Abstract>
M&A is one of the effective business models to maximize enterprise value by what we call ‘concentration in core competence’. For maximizing enterprise value, it is necessary to find out value drivers of which enterprise value consists. In many cases, value drivers are off-balance assets in accounting. It is Purchase Price Allocation (PPA) that is a process to recognize and measure these value drivers in accounting. However, PPA requires objectivity at every stage that ranges from recognition to measurement from the request on accounting. In this article, we are going to study points of notice about PPA in terms of accounting, as well as an examination of value drivers in the M&A process, and its significance and relevance.

<キーワード>
M&A,バリュードライバー,PPA,契約・法律要件,分離可能性要件
<Keywords>
M&A, Value Driver, Purchase Price Allocation: PPA, Contractual-legal Criterion, Separability Criterion