学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第3巻第1号掲載

研究コミュニティと知的財産
Research Community and Intellectual Property

本田 圭子
Keiko Honda

日本知財学会誌 Vol.3 No.1 p.8-14(2006-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.3 No.1 p.8-14(2006-12-20)

<要旨>
産学連携の中心にいる大学等研究者には大学等の研究成果を特許化する意義について十分な説明がなされることなく,特許の取得を重視した施策が進められてきた.2006 年5 月に内閣府において決定された研究ライセンスに関する指針は,大学等知財本部やTLO に大学等研究者と大学等が知的財産権を得ることの本来の意義について議論する機会を与えるであろう.そこで,本稿では大学等研究成果について知的財産権を取得する意義および今後の大学等研究者に対する知的財産普及のあり方について検討する.
<Abstract>
University researchers have been told about the necessity of the university obtaining patents on their inventions without enough explaining about the reasons behind this and the role of patent in University-Industry collaboration. In May 2006, the Cabinet Office issued guidelines concerning research use licenses. The need to convey these guidelines to university researchers also gives us the opportunity to discuss the importance of universities obtaining intellectual property (IP) right. In this paper, I will discuss why it is importance for universities to protect IP rights and ways to increase awareness of this among university researchers.