学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第19巻第3号掲載

ブランド保護のための商標実務の留意点 ─ 20年間の変化と今後の展望
Points in Trademark Practice to be Noted for Brand Protection: Various Changes in Recent 20 Years and Future Prospects

西村 雅子
Masako Nishimura

日本知財学会誌Vol.19 No.3 p.49-58 (2023-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.19 No.3 p.49-58 (2023-3-20)

<要旨>
筆者が弁理士となってから現在に至るまでの30年間,商標実務の変化及び出願動向の変化がいろいろあったところ,特に近年20年の商標実務について概観し,ブランド保護のために留意したい商標の保護の現状と今後の展望について述べる.筆者の問題意識によりピックアップする項目は,色彩商標の保護の留意点と地模様商標の保護の問題点,商標の類否判断における称呼重視の判断からのシフト,称呼重視からのシフトとも関係する文字と図形との結合商標における図形の持つ情報伝達力についてである.これらについて審判決例を挙げて検討する.今後の展望としては,商標の類否判断における言語学観点からの判断手法,結合商標における需要者の図形の認知についての検討が挙げられる.
<Abstract>
In the last 20 years, there have been various changes in trademark practice and application trends. This article overviews the trademark practice since the author became a patent attorney up to the present, especially in the last 20 years, and describes the present state and future prospects of trademark protection to be noted for brand protection.

<キーワード>
商標, 色彩商標, 地模様, 図形の持つ情報伝達力
<Keywords>
Trademark, Color mark, Ground pattern, Communication power of figure