学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第18巻第1号掲載

侵害品対策における開発活動と知的財産活動の協働の意義─ インクタンク事件裁判を事例として ─
Significance of the Collaboration of Development Activity and the Intellectual Property Activity for an Infringement Product ─ Infringement Litigation Trial for Ink Tank─


赤間 愛理
Airi Akama

日本知財学会誌 Vol.18 No.1 p.66-86 (2021-9-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.18 No.1 p.66-86 (2021-9-20)

<要旨>
組織における環境とは適応するだけではなく,操作可能な存在である.本稿では組織が行う環境操作の側面に注目し,侵害品に対する知的財産活動と開発活動の協働がどのような意図とプロセスにより環境に対して働きかけを行うのかを特許の権利化と侵害訴訟裁判を事例として分析する.両活動の協働により環境操作の射程と領域が拡大する可能性があることが明らかとなった.
<Abstract>
Environment to an organization is not only a thing an organization adapts itself to, but also the one to manipulate. By analyzing a patent prosecution and an infringement litigation trial, we study how the collaboration of the development activity and the intellectual property activity manipulates the environment with intention and process. 
We show that the range and the domain of environmental manipulation possibly expand by the collaboration of both of the activities.

<キーワード>
環境, 組織, 知的財産活動, 侵害訴訟裁判, インクタンク
<Keywords>
Environment, Organization, Intellectual property activity, Infringement litigation trials, Ink tank