学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第18巻第1号掲載

COVID-19 後のライフサイエンスと『公平』の倫理
Life science after COVID-19: Concepts of equity in public health innovation

山根 裕子, 隅藏 康一
Hiroko Yamane, Koichi Sumikura

日本知財学会誌 Vol.18 No.1 p.4-15 (2021-9-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.18 No.1 p.4-15 (2021-9-20)

<要旨>
新型コロナウイルス感染症に対しては,ライフサイエンス研究の成果を用いた複数のワクチンが開発され,mRNA ワクチンが普及しつつある.一方,WTO においてはTRIPS 協定が規定する知財権保護の義務免除(waiver)が提案され,多数加盟国(主として途上国)の支持を得ている.本稿はmRNA ワクチンの研究開発と知財権取得の経緯および生産工程について検証し,なぜ広範な知財権保護の義務免除が唱えられるのか議論の経緯を探求する.近年,WHO においては新規抗癌剤等の必須医薬品性を主張し,試験データや製造ノウハウ等の開示を要求する声があった.遺伝子組換え・編集などの技術においては安全性や質の確保が重要である.ライフサイエンスの成果が人類社会の公共財として迅速にあまねく普及するためには,公共利益に与するイノベーションが継続的に生み出されるサイクルを構築する官民協力が必要であり,責任ある研究開発への努力や投資が報いられるよう知財保護がなされるべきである.
<Abstract>
New types of life science-based COVID-19 vaccines have been developed and are now widely used. In response to the pandemic, several proposals have been made by WTO Members concerning the TRIPS Agreement, one of which is a waiver of intellectual property rights (IPR) protection for health products and technologies, apparently covering not only patents but also know-how, clinical data and methods of manufacturing vaccines and medicines protected by regulatory authorities. This study examines the process of research on, the patenting, licensing and production of, and trade in mRNA vaccines, and argues that IPR protection is necessary to the extent that the continuous cycle of innovation of public health products and technologies is maintained, in turn enabling the equitable distribution of safe and effective products.

<キーワード>
mRNA ワクチン, 試験データ, ノウハウ, イノベーション・サイクル, バイオシミラー
<Keywords>
mRNA vaccines, test data, know-how, innovation cycle, biosimilar