学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第17巻第2号掲載

著作権法による建築デザインの保護とバーチャルリアリティ空間その他コンテンツ内利用
─ 米国法の議論を参考に─
Copyright Protection for Architectural Designs and Their Exploitation in Virtual Reality Space and Other Content: A Comparison with Discussions under the United States Law

関 真也
Masaya Seki
日本知財学会誌Vol.17 No.2 p.29-38 (2020.11.20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.17 No.2 p.29-38 (2020.11.20)

<要旨>
建築物のデザインは,現実空間で実際に建設される建築物として利用されるだけでなく,映画,ゲームその他様々なコンテンツの中で再現されるなど,幅広い利活用の可能性を秘めている。最近では,バーチャルリアリティ (VR) 空間の中で現実の建築物や街全体を忠実に再現し,内外を行き来したり取引を行ったりできるようになった。そのため,建築物に関する権利者としては,VR 空間その他コンテンツ内での建築デザインの利用につき,これまでよりも強い利害関係を持つようになっており,建築デザインに係る著作権がどこまで及ぶかが重要になっている。他方,コンテンツのクリエイター等にとっても,建築デザインの利用についていかなる権利処理が必要かを的確に把握しなければならない。そこで,本稿は,建築デザインの保護の可否やコンテンツ内利用に係る権利制限に関する裁判例がある米国法の議論を分析し,日本法に対する示唆を得ることを目的とする。
<Abstract>
Architectural designs are exploited not only for buildings constructed in the real world, but also as computer-generated objects in a virtual reality (VR) space or other various content, including motion pictures and video games. Recently, architectural structures and even a whole city were truly depicted in a VR space, enabling people to walk in and out of those virtual buildings and even to do business within the VR environments. Under such circumstances, those who own rights related to architectural designs now have greater interests regarding the uses of their architectural designs in VR spaces or other content. On the other hand, it is important for content creators to understand what rights clearances are necessary to use other’s architectural designs. This article analyzes the discussions about the United States law in light of copyrightability of architectural designs and limitations of copyright regarding utilizations of architectural designs in content in order to obtain suggestions to the Japanese law.

<キーワード>
建築の著作物, 著作物性, 権利制限規定, バーチャルリアリティ, 米国法
<Keywords>
Architectural Works, Copyrightability, Limitations of Copyright, Virtual Reality, United States Law