学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第17巻第1号掲載

特許の権利移転研究の動向と権利移転データの留意点
General Overview on Study of Patent Transfer and Note about Patent Transfer Data

西村 陽一郎
Yoichiro Nishimura

日本知財学会誌 Vol.17 No.1 p.31-41 (2020-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.17 No.1 p.31-41 (2020-8-20)

<要旨>
本稿では,特許の権利移転に関する論文を広くサーベイし,権利移転について過去に蓄積された知見を提示し,それを踏まえた上で特許の権利移転データの留意点を明らかにした.サーベイ結果によると,どのような要因が権利移転を促進あるいは阻害するのか,どのような特徴を持つ特許が権利移転されやすいのかといった研究については多くの蓄積がある.これらの蓄積と比較すると,権利移転によって,どのような効果がどの程度生まれるのかといった経済的・経営的な効果についての実証的な研究は十分ではない.今後,この分野における研究が特許政策や企業戦略を考える上でも強く望まれる.
<Summary>
This study explores a wide range of studies on patent transfer, and provides what we have known regarding patent transfer. According to our literature review, there is a large accumulation of research on factors which are likely to facilitate or hinder patent transfer and patent attributes that transferred patents commonly have. However empirical studies on the economic and managerial effects of patent transfer are not sufficient. Further research in this field is strongly desired in terms of both patent policy and corporate strategy.

<キーワード>
特許の権利移転, 特許, 特許政策, 企業戦略
<Keywords>
Patent Transfer, Patent, Patent Policy, Corporate Strategy