学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第16巻第3号掲載

オーストラリアにおけるサイトブロッキング制度
~利害のバランスを考慮した制度構築の一例として~
Site-Blocking Regime in Australia: Fair Balance of Rights and Interests

関 真也
Masaya Seki

日本知財学会誌 Vol.16 No.3 p.45-53 (2020-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.16 No.3 p.45-53 (2020-3-20)

<要旨>
オーストラリアでは,2015年著作権法改正によってサイトブロッキング制度が導入され,通信サービス 事業者に対し,一定のサイトに対するアクセスを遮断する措置を講じるよう命じることができることとされた. そして,数年間の運用と意見募集を通じた見直しを経て,2018年著作権法改正が行なわれた.この改正は,サイトブロッキング命令の要件を広げるとともに,通信サービス事業者だけでなく検索エンジン事業者に対する差止めも可能とし,また,海賊版サイトがドメイン名等を変更しても迅速に差止命令の対象に加えることができるようにするものであった.このように,オーストラリアでは,短い間に数度にわたる意見募集や法改正が行なわれ,利害関係人の様々な利害のバランスを実現しつつ,実効的かつ迅速な対策を可能とすべく議論が積み重ねられた.本稿は,利害のバランスに関する議論に焦点を当て,制度の導入から改正までの議論を概観しようとするものである.
<Summary>
Under the Australian Copyright Act amended in 2015, copyright holders may apply to the Federal Court of Australia to grant an injunction that requires a carriage service provider to take such steps to disable access to an online location outside Australia. After operating such legal system for some years and conducting a review, the government amended the Copyright Act in 2018. Such amendment expanded the threshold for site-blocking injunction, and enabled copyright holders to apply for injunction against online search engine providers and to expand the application of site-blocking injunction to new domain names, URLs and IP addresses which have started to provide access to the infringing site after the injunction is made. Australia has discussed through repeated submission processes and amendments to the Copyright Act in order to strike a fair balance of various rights and interests of stakeholders and to accomplish effective and swift measures against online copyright infringement. This article will overview the discussions about the introduction and amendment of the Australian site-blocking regime with focus on the balancing of rights and interests.

<キーワード>
サイトブロッキング、オーストラリア、オンライン著作権侵害、表現の自由、公正な裁判を受ける権利
<Keywords>
Site-blocking Australia, Online Copyright Infringement, Freedom of Expression, Right to Fair Hearing