学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第16巻第3号掲載

イギリスにおけるサイトブロッキング
Site-Blocking in UK

今村 哲也
Tetsuya Imamura

日本知財学会誌 Vol.16 No.3 p.32-44 (2020-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.16 No.3 p.32-44 (2020-3-20)

<要旨>
イギリスでは著作権侵害に対するサイトブロッキングが多く行なわれている.本稿では,イギリス法におけるブロッキング命令の根拠規定,手続き,要件を検討する.また,ブロッキングの具体的な方法について紹 介するほか,表現の自由との関係についての議論や,ブロッキングに対するセーフガード措置についても説明する.加えて,ブロッキングの効果に関する議論やコストの問題,実際の運用状況,著作権以外の権利の侵害に対 するブロッキング命令の拡大の有無,行政ブロッキングの導入に向けた動きについても説明する.最後に,イギリス法におけるサイトブロッキングの特徴についてまとめる.
<Summary>
In the UK, many sites are blocked against copyright infringement under blocking order. This paper examined the basis regulation, procedure, and requirement of the blocking order in the United Kingdom. It also discusses the relationship between blocking and freedom of expression and safeguards for interested persons against blocking operation. In addition, the following are also explained: the effect of blocking, the issue of cost, its operational status, blocking order other than the copyright infringement, and current government initiative for the introduction of the administrative blocking. Finally, I summarize some features of site blocking under the UK system.

<キーワード>
イギリス、ブロッキング、著作権
<Keywords>
United Kingdom, Blocking, Copyright