学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第16巻第3号掲載

サイトブロッキングの間接侵害責任アプ ローチ
Indirect Infringement Liability Approach for Website Blocking

角田 政芳
Masayoshi Sumida

日本知財学会誌 Vol.16 No.3 p.14-22 (2020-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.16 No.3 p.14-22 (2020-3-20)

<要旨>
海賊版サイトにアクセスするユーザーにインターネット接続のサービスを提供するプロバイダーは,そのユーザーが著作権等を侵害する行為を幇助ないし加担する間接侵害責任としてサイトブロッキングの義務を負 うことになる.サイトブロッキングは,憲法上の通信の秘密という基本権を侵害することはない.
<Summary>
Providers who provide Internet access services to the users who access pirated sites will be obliged to perform website blocking as an indirect infringement liability that assists or takes part in the act of infringing copyrights. Website blocking does not infringe on the fundamental right of constitutional communications secrecy.

<キーワード>
サイトブロッキング、SP、著作権、間接侵害
<Keywords>
Website Blocking、ISP、Copyright、Indirect Infringement