8

学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第16巻第2号掲載

意匠情報や特許情報を活用したデザインマネジメント研究の発展可能性
A study on Potential of Design Management Studies Using Design Right Information and Patent Information

森永 泰史
Yasufumi Morinaga

日本知財学会誌 Vol.16No.2 p.64-79 (2019-10-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.16 No.2 p.64-79 (2019-10-20)

<要旨>
本稿では,先行研究のレビューを通じて,意匠情報や特許情報を活用したデザインマネジメント研究の発展可能性を探った.ここでいうデザインマネジメント研究とは,企業内にあるデザイン組織や独立したデザイン事務所,そこで働くデザイナーの活動などに焦点を当て,それらを経営学の見地から分析した研究のことを指す.本稿ではそのうち,意匠情報や特許情報を用いた研究を取り上げてレビューを行ない,次の3つの事柄を明らかにした.1つ目は,意匠や特許のデータベースを活用することで,デザインマネジメントに係わるどのような情報を得ることができるのか.2つ目は,先行研究では,それらの情報をどのように活用してきたのか.そして,3つ目は,先行研究の空白地帯を明らかにし,今後どのようなデザインマネジメント研究を行なうことが可能なのか.
<Abstract>
In this paper, through the review of the previous studies, we explored the development possibility of design management studies using design right information and patent information. Design management studies here refers to research that focuses on the design department in a company and independent design office, and the activities of the designers who work there, and analyzes them from the viewpoint of business administration. In this article, we made a review of literature which using design right information and patent information to clarify the following three issues ;(1) potential managerial insights on design management provided by patent and design right data, (2) research methodology using these data, and (3) future directions of design management studies.

<キーワード>
デザインマネジメント,意匠権,特許,経営学
<Keywords>
design management, design right, patent, business administration