8

学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第16巻第2号掲載

我が国における特許権・著作権によるデータの保護とその実効性
Data protection by Patent and Copyright in Japan and Its Effectiveness

加藤 浩一郎
Koichiro Kato

日本知財学会誌 Vol.16No.2 p.39-45 (2019-10-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.16 No.2 p.39-45 (2019-10-20)

<要旨>
創作物に該当しないようなデータそれ自体は,基本的には知的財産法の保護対象とはされていない.しかし,一定の要件を満たすデータについて物権的な権利として強力な保護を与えるための知的財産権として,特許権および著作権が考えられる.このようなデータの特許権および著作権による保護に関しては,国家的な政策のみならず,実務的にも迅速な対応が要求されていると考えられているところ,特許権に関しては特許庁において審査基準等の改訂が行なわれ,また,著作権についても権利制限規定について重要な法改正が2018年に行なわれ,その影響が注目されている.そこで,本稿においては,データの特許権および著作権による保護について,これらの審査基準等の改訂や法改正等を踏まえつつ,我が国法におけるその保護の方法・実態とその実効性について検討することとする.
<Abstract>
Data that is not included in the creation itself is basically not protected by the intellectual property law. However, patent and copyright can be considered as intellectual property rights for giving strong protection to certain data. With regard to protection of such data by patent and copyright, it is considered that prompt action is required not only as national policy but also in practice. The JPO revised the patent examination guideline, and copyright law was amended to response the requirements. The effect of these actions have been noted. Therefore, in this paper, with regard to data protection by the patent and copyright, we will examine the method, actual state and effectiveness of the protection under Japanese law, taking into consideration the revision of the patent examination guideline and the copyright law amendments.

<キーワード>
知的財産,特許権,著作権,データ,データ構造
<Keywords>
Intellectual Property, Patent, Copyright, Data, Data Structure