学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第16巻第2号掲載

欧州におけるデータ保護─ 日本法との比較
Laws for Protection on Databases in Europe -Compared to Those in Japan

露木 美幸
Miyuki Tsuyuki

日本知財学会誌 Vol.16 No.2 p.20-31 (2019-10-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.16 No.2 p.20-31 (2019-10-20)

<要旨>
企業活動の際にデータを活用することで新たな価値を生みだそうとするデータドリブンエコノミー(データ駆動型経済)においては,ある企業が自社の活用しようとするデータがいかなる法制度で保護されているかを検討することは重要な課題である.本稿においては,データが個人情報データベースの場合,営業秘密となっているデータベースの場合,営業秘密となっていないデータベースの場合にわけて,欧州と日本におけるデータ保護法制を比較検討し,その現状と課題を考察する.
<Abstract>
In the data driven economy, it is important whether databases are protected by law or not. In this research, it is summarized the characteristics of Directive on the protection of undisclosed know-how and business information (trade secrets) against their unlawful acquisition, use and disclosure (DIRECTIVE (EU) 2016/943), Regulation on the protection of natural persons with regard to the processing of personal data and on the free movement of such data (Regulation (EU) 2016/679 ; General Data Protection Regulation (GDPR)), and especially Directive on the legal protection of databases (Directive 96/9/EC), and how databases which are not fulfilled with requirement of protection under patent act, copyright act, or unfair competition prevention act in Japan are protected.

<キーワード>
データベース独自権,著作権,不正競争防止法,欧州データベース指令,不法行為法
<Keywords>
Sui generis right, Copyright, Unfair competition prevention act, Directive on the legal protection of databases, Tort law