学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第16巻第1号掲載

バイオ医薬等の新しい医薬モダリティを保護するための実践的特許戦略の考察
Consideration for Practical Patent Strategy Protecting a New Pharmaceutical Modality Such as Biologics

森田 裕
Yutaka Morita

日本知財学会誌 Vol.16 No.1 p.31-40 (2019-6-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.16 No.1 p.31-40 (2019-6-20)

<要旨>
本稿では,バイオ医薬やバイオテクノロジー分野などの新しい技術分野において,これに適合した新しい特許戦略を提案する.本稿は単なる論説ではなく,法律的基礎からの演繹的手法と,外国での最先端実務からの帰納的手法から筆者が構築した特許の理論体系に基づき,実践的戦略を紹介することを目的とし,これによって読者の知財実務に資することを目指す.この理論体系は,2つの公知の体系を単純に組み合わせたものであることから,簡単であるし,応用可能性が広いと筆者は考えている.これまでの低分子医薬においてなされた特許実務は,低分子医薬に適合するように最適化され,他の医薬モダリティとは関連しないルーチンを多く含んでいる.これをゼロベースで見直し,新しい医薬モダリティのそれぞれに適合した特許実務を確立することが製薬会社,アカデミア,およびスタートアップなどの日本の創薬に関する研究機関における喫緊の課題であると確信している.
<Abstract>
Recently, many biologics become listed in the top largest selling pharmaceutical products, instead of small molecule products. The IP strategy suitable for protecting biologics is of much more importance under these circumstances. Here, I propose a practical patent strategy for protecting invention in the field of biologics and biotechnology, which may greatly change the conventional patent strategy. This article does not intend to provide a mere discussion. Rather, this article introduces some of the fundamental parts of the practical patent practice, which has been constructed based on a combination of two existing theories. The well-established patent practice in the field of small molecules is particularly suitable for a patent protection for small molecules, which is totally different from that in another biotech field. Zero-based revision of patent practice in each field of biologics is needed in order to more reasonably adapt the patent practice to a patent protection for a new modality drug.

<キーワード>
バイオ医薬,医薬モダリティ,特許戦略,実践
<Key words>
Biologics, Pharmaceutical modality, Patent strategy, Practical