学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第3号掲載

拡張現実 (AR) を巡る著作権法上の問題に関する基礎的考察
“Fundamental Study on Copyright Law Issues Regarding Augmented Reality (AR)”

関 真也
Masaya Seki

日本知財学会誌 Vol.15 No. 3 p.5-14 (2019-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.3 p.5-14 (2019-3-20)

<要旨>
AR は,デジタル技術によって生み出された情報・体験を現実世界に持ち込む技術である.AR を利用することにより,ユーザは,現実世界に存在する既存の著作物に,デジタル情報としてコンテンツを付加することができるが,ここには,著作権法上の様々な問題が新たに発生する.現実世界に存在する既存の著作物と,それに付加されるデジタルコンテンツを別個に評価した場合には,いずれについても著作権または著作者人格権の侵害が成立しない場合が生じるのである.そこで,リアルとバーチャルが融合して成立するAR 領域を念頭に,著作権等の抵触や権利制限の考え方を見直す必要が生じる.本稿は,AR の特徴を踏まえて,著作権法上の課題を探求・整理し,それについて基本的な考察を行なうものである.
<Abstract>
AR enables us to bring digital information and experiences into the real world. When a user adds a digital content to an existing copyrighted work in the real world by using AR, various copyright law issues may newly arise.
There, we will be required to review the theoretical framework of copyright law issues such as copyright infringement and limitations on copyright with the AR realm where real and virtual elements are merged in mind. This article explores and sorts out new issues under the copyright law regarding AR, and then fundamentally examine those issues.

<キーワード>
拡張現実,著作権,翻案,著作権の制限,同一性保持権
<Keywords>
Augmented reality, copyrights, adaptations, limitations on copyright, right to maintain integrity