学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第3号掲載

AR/VR がもたらすスポーツ生放送への影響~米国著作権の観点から
The Effect on Live Sports Streaming Via AR/VR – in Terms of Copyright in the U.S.


光永眞久
Masahisa Mitsunaga

日本知財学会誌 Vol.15 No.3 p.33-41 (2019-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.3 p.33-41 (2019-3-20)

<要旨>
アメリカにおいてはAR/VR によるスポーツの放送が多く行なわれている.このようなAR/VR 技術を用いたスポーツの生放送がアメリカ著作権法上,どのような問題を生じうるかにつき,主に著作物性とその侵害時の放送側の主張に関して,検討を行なう.まず,生放送が行なわれる映像に著作物性が認められうるかという観点から,Fixation とOriginality についてAR/VR 以前の判例に照らしながら検討する.その上で,実際に生放送を行なう際に生じうる著作物の映り込みに対して,放送側が反論の際に主張するであろう
de minimis やFair Use について紹介する.
<Abstract>
In the U.S., some companies broadcast sports streaming (including live streaming) via AR/VR. This article addresses some issues under the U.S. Copyright Law, especially (i) copyrightable and (ii) claims from a broadcaster. First, motion pictures of such live streaming shall be copyrighted in view of “fixation” and “originality”, using some cases before developing AR/VR technology. Second, it introduces “de minimis” and “fair use” as claims from broadcaster when a copyright owner claims the violation of its copyright.

<キーワード>
AR, VR, 生放送, 著作権
<Keywords>
AR, VR, Live streaming, copyrights