学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第3号掲載

AR アプリケーションコンテンツに生じている商標権および著作権侵害について
Trademark and Copyright Infringement Issues Associated with AR Applications


松永 章吾
Shogo Matsunaga

日本知財学会誌 Vol.15 No.3 p.25-32 (2019-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.3 p.25-32 (2019-3-20)

<要旨>
AR アプリケーションの使用時に実際に利用者の目の前にある光景には,第三者の商標や著作権の客体となる建造物,記念碑,絵画,彫刻等の美術作品が含まれることがある.そして,これらの表示または著作物の影像がAR アプリケーションに取り込まれ,コンピュータグラフィックスが重ね合わされることによってその内容や性質が変容することがあり得るから,AR アプリケーションコンテンツによって第三者の商標権および著作権が侵害される抽象的な危険性があり,その検討の必要性が認められる.そこで本稿では,出稿時において実用化されているAR アプリケーションのコンテンツを類型化し,第三者の商標権および著作権との抵触について検討する.
<Abstract>
Visual images obtained through an AR application may include third parties’ registered trademarks, or artworks such as buildings, monuments, drawings and sculptures. These indications or images of copyrighted works could be changed in the process of combining them with computer graphics through an AR application. Therefore, AR applications involve the risk of infringing third party trademark rights or copyrights and thus, evaluation of such risk is needed. This paper, submitted at the time AR applications are already in the introduction phase, aims to categorize the contents of an AR application by type and discuss how one should deal with third party trademark and copyrights.

<キーワード>
AR,拡張現実,商標の使用,広告
<Keywords>
AR, Augmented Reality, Use of Trademarks, Advertisement