学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第3号掲載

リアルデータの利活用によるコンテンツの創作と法的保護
Creation of Contents Through Utilizing Real Data and Legal Protection of Contents


鈴木 香織
Kaori Suzuki

日本知財学会誌 Vol.15 No.3 p.15-24 (2019-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.3 p.15-24 (2019-3-20)

<要旨> 
データを利活用し価値を創出することは容易なことではない.また,仮に情報としての価値を見出すことができたとしても,それに対する表現によっては意味のないものになりかねないし,逆に,表現方法によっては更なる価値を生み出す源泉となる可能性がある.このようなデータの利活用を進め価値を創出するためには,データの保有者および利用者が安心して利用を進めることができる環境づくりが必要である.コンテンツの創作という面においてもデータは利活用される時代になってきており,公開されたデータを可視化する際に様々な工夫が凝らされるようになっている.本稿においては,特集のテーマである「リアルとバーチャルの融合」に即して,リアルデータを利活用して表現されたコンテンツとその法的保護について若干の検討を行ないたい.
<Abstract>
The creation of value through utilizing data is not an easy task. Data discovered to be valuable as information but expressed in some ways can be meaningless, whereas data expressed in other ways have the potential of further generating value. What is needed for the creation of value through utilizing data is to set an environment where data can be utilized by their holders and users without anxiety. With the data utilization proceeding in the creation of contents as well, various efforts have been made in visualizing data that are made public. In line with the featured subject: “Fusion of Real and Virtual”, this article will put some focus on the contents expressed through utilizing real data and on the legal protection of the contents.

<キーワード>
ビッグデータ,インフォグラフィックス,不正競争防止法,著作権法 データビジュアライゼーション
<Keywords> 
Big data, Infographics, Unfair Competition Law, Copyright Law, Data Visualization