学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第2号掲載

プラバスタチンナトリウム事件に関する考察 ─ 大合議判決と最高裁判決の相違 ─
A Study of Pravastatin Sodium Case: The Difference of the Decision Between the Supreme Court and IP Hight Court

鈴木 信也
Shinya Suzuki

日本知財学会誌 Vol.15 No.2 p.50-57 (2018-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.2 p.50-57 (2018-12-20)

<要旨>
本稿では,プロダクト・バイ・プロセス・クレームの解釈につき判断が下されたプラバスタチンナトリウム事件の知財高裁大合議判決とその後の最高裁判決を取り上げる.大合議判決,最高裁判決ともに本来保護するべきPBPクレームに対する考え方は共通するものの,それ以外のPBPクレームをどのように考えるのかについて相違がみられる.最高裁判決により大合議判決は破棄されることになったが,最高裁は大合議判決の何を問題視していたのか.最高裁が示したPBPクレームに対する基準を分析し,その上で大合議判決を再度検討してみたい.
<Abstract>
This article will study Pravastatin Sodium case judged in the IP high court and the Supreme court in Japan, which rules the interpretation of product-by-process claim (PBP claim). The ruling by both courts have a common view regarding the PBP claim which should be protected, but they have a different view for the other PBP claim. The judgement by IP high court was reversed by the supreme court, then how the supreme court see the IP high court ruling as problem? This article analyze the criteria of the ruling by the supreme court and reconsider the ruling by IP high court.

<キーワード>
PBPクレーム,物同一説,製法限定説,真正・不真正PBPクレーム,明確性要件
<Keywords>
Product-by-Process Claim, Product Identity Theory, Manufacturing Process Limitation Theory, Genuine or Non-Genuine PBP Claim, The Clarity Requirement