学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第2号掲載

「偏光フィルムの製造法」事件
“Manufacturing Method of Polarizing Film” Case

大塚 章宏
Akihiro Otsuka

日本知財学会誌 Vol.15 No.2 p.33-40 (2018-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.2 p.33-40 (2018-12-20)

<要旨>
本事件は,知財高裁における2例目の大合議事件である.
判決では,サポート要件の一般的な判断基準を示した上で,サポート要件の存在の立証責任は,出願人が負うとした.そして,本願発明はパラメータを用いた数式によって示される範囲をもって特定した物を構成要件とする,いわゆるパラメータ発明であるところ,明細書には2つの実施例と2つの比較例しか具体例が示されておらず,数式が示す範囲内であれば所望の効果が得られることが当業者に認識できる程度に記載されているとはいえず,サポート要件に適合するということはできないとした.
また,サポート要件を満たしていない場合において,実験データの事後的な提出により発明の詳細な説明の記載内容を補足することはできないとした.
<Abstract>
This is the second case of grand panel at the IP High Court.
The court had shown the general standard of decision of the support requirement, and said that the burden of proof of the support requirement is in charge of the patentee. In addition, the judgment said the specification didn’t meet the support requirement because there were only 2 working examples and 2 comparative examples in the specification.
Furthermore, the judgment pointed out that in case where specification didn’t meet support requirement at filing, applicant could not supplement the specification by submission of additional experimental data.

<キーワード>
サポート要件判断の一般的基準,パラメータ発明におけるサポート要件の適合性,事後提出された実験データによる明細書の補足の可否,審査基準の遡及適用の可否,サポート要件の立証責任
<Keywords>
General judgment standard of “support requirement”, Conformity of “support requirement” for parameter invention, Availability of submission of experimental data after filing, Availability of retrospective apply of “examination guideline”, Burden of proof of “support requirement”