学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第2号掲載

特許権の存続期間の延長登録の要件に関する知財高裁大合議部判決とその後の動向
Requirements for Patent Term Extension

内田 剛
Tsuyoshi Uchida

日本知財学会誌 Vol.15 No.2 p.14-22 (2018-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.2 p.14-22 (2018-12-20)

<要旨>
本稿では,特許権の存続期間の延長登録の要件に関する知財高裁大合議部判決である〔ベバシズマブ事件・第1審〕判決の概要およびその後の実務への影響(審査基準の改定)を踏まえたうえで,延長登録制度の意義を探求する.
<Abstract>
This article outlines judicial decisions that interpreted the requirements for patent term extension, and then explores the significance of the patent term extension system.

<キーワード>
特許法,特許権の存続期間の延長登録制度,知財高裁大合議部判決,ベバシズマブ(アバスチン)事件,特許権の延長登録のための要件
<Keywords>
Patent Act, Requirements for Patent Term Extension, Grand Panel Cases of the IP High Court, Bevacizumab (AVASTIN) Case