学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第1号掲載

食品産業におけるパイプラインのプラットフォーム武装
─ 知財マネジメントを活用したオープン&クローズ戦略 ─
Pipeline armed with Platform model in Japanese Food Industry: Open & Close Strategy with IP Management

妹尾堅一郎,伊澤久美,丸島和也,瀬川丈史,久保恵美
Ken Senoh, Kumi Izawa, Kazuya Marushima, Takeshi Segawa, Megumi Kubo

日本知財学会誌 Vol.15 No.1 p.45-50 (2018-6-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.1 p.45-50 (2018-6-20)

<要旨>
1960年代から70年代にかけての日清食品による「即席めん」,70年代のアンデルセングループ(旧タカキベーカリー)による「冷凍パン生地」,70年代から80年代にかけての日清製粉による「冷凍めん」は,それぞれの企業が新商品カテゴリーを主要食品市場へと大きく育てたものである.その背景には,巧みなビジネスモデルとそれを支える知財マネジメントがあった.特にこれらの企業は自社の独自性を活かすクローズド領域を確保しつつ,特許開放等により意図的にオープン領域を形成し,両者の関係付けを通じて新市場形成の加速化と自社の競争力確保をしていたのである.つまり「N × 1 × N」構造を仕掛け,それを起点として新市場形成を導くオープン&クローズ戦略を行なった,あるいはパイプライン型のビジネスにおいてプラットフォーム武装をしたと言えるのだろう.本論文は,3事例を簡潔かつ俯瞰的に整理し,それらから得られる知見について議論するものである.
<Summary>
This paper focused on three innovative food businesses in Japanese market such as ‘instant noodles’ by Nissin Food Products, ’frozen dough’ by Andersen group, and ‘frozen noodles’ by Nisshin Flour Milling. These companies took the strategy that not only developed new innovative food items, introduced and fostered them, and promoted them, but also introduced and developed innovative business models and IP management at that time. In short, the business model was ‘Pipeline armed with Platform model’ and IP management was based on ‘Open & close strategy’ which is popular in the ICT industry nowadays. This paper will introduce brief summaries of three cases, point out applicable basic business concepts and discusses some implications of the cases through business model and IP management point of view.

<キーワード>
知財マネジメント, 知財開放, オープン&クローズ, N × 1 × N, パイプラインのプラットフォーム武装
<Keywords>
IP management, IPR license-out, Open &Close, N × 1 × N, Pipeline armed with Platform model