学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第1号掲載

知財を活用した農産品の競争力強化
Enhancement of Competitiveness of Agricultural Products Using Intellectual Property 

吉永貴大,陳内秀樹
Takahiro Yoshinaga, Hideki Jinnai

日本知財学会誌 Vol.15 No.1 p.41-44 (2018-6-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.1 p.41-44 (2018-6-20)

<要旨>
先駆者たちが知財をいかに活用して農産品の競争力を強化してきたか,事例からそのヒントを抽出することを試みた.「農産品の競争力強化」について,生産地,品種,気候その他諸々の事情を考慮し,「青いバラ」における知的財産の多面的保護戦略,「コシヒカリ」における既存品種の再活用戦略,「エアリッチ・アーチング栽培法」における会員組織化戦略,「夕張メロン」におけるブラックボックス戦略,「エアリッチ・アーチング栽培法」海外戦略等について事例を紹介した.
<Summary>
We introduced examples of how to utilize intellectual property to enhance the competitiveness of agricultural products from the viewpoints of multifaceted protection strategy in intellectual property of “Blue Rose”, reuse strategy of existing variety in “Koshihikari”, member organization strategy in “Air Rich Arching cultivation method”, black box strategy in “Yubari King”, overseas strategy in “Air Rich Arching cultivation method”, etc.

<キーワード>
品種, 特許, 戦略, 知財活用
<Keywords>
Variety, Patent, Strategy, Efficiently use an intellectual property