学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第1号掲載

国内GI 産品の事例にみる効果と課題
Case Study of Japanese GI Products

江端一成,米澤大真
Issei Ebata, Daishin Yonezawa

日本知財学会誌 Vol.15 No.1 p.37-40 (2018-6-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.1 p.37-40 (2018-6-20)

<要旨>
地理的表示 (GI) の登録による効果としては,1. 模倣品の排除,2. マスメディア等による報道の増加,3. 新規の引き合いの増加,4. 生産量・販売単価の上昇,5. 生産者の意識の変化・新規参入などがあげられるが,GI に登録されれば,直ちに効果を享受できるわけではなく,効果を上げるための生産者団体としての登録前および登録後の努力も求められる.「くろさき茶豆」と「みやぎサーモン」の事例から,GI 登録の効果を十分に享受するためには,生産者団体として登録前に生産者との丁寧な合意形成が必要であること,さらに登録後には,自ら積極的にプロモーション活動を行なうこと,もしくは行政と連携してPR 活動を進めることが重要であることが分かった.
<Summary>
There are various effects of registering geographical indications, but in order to fully obtain the effect, efforts before and after registration as a producer organization are necessary. Cases of “Kurosaki chamame”and“Miyagi salmon” are introduced and results indicate that consensus among producers before and even after registrations are important to gain full benefit of GI registration. Furthermore, collaboration with municipalities are instrumental in, promotion.

<キーワード>
地理的表示, 合意形成, 行政との連携
<Keywords>
GI, Consensus building, Collaboration with local governments