学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第15巻第1号掲載

農産物の品種登録と地域研究機関との関係
─ 食用作物の品種開発における産学官連携に関する予備的検討 ─
Current Status and Issues of Agricultural Varieties Development by Local Public Technology Centers

野津 喬
Takashi Nozu

日本知財学会誌 Vol.15 No.1 p.28-32 (2018-6-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.15 No.1 p.28-32 (2018-6-20)

<要旨>
本研究では,日本農業の研究開発において中心的な役割を果たしてきた地域研究機関である公設試を対象として,食用作物の品種開発における産学官の現状と課題に関する予備的検討を行なった.従来,公設試は単独で研究開発を実施することが多かったが,近年,公設試の予算確保が年々困難となっていること,また社会経済のグローバル化や情報化の進展などの社会的変化などを背景として,公設試と他機関との産学官連携の重要性が複数の先行研究により指摘されている.しかしながら本研究の分析結果からは,公設試の食用作物の品種開発における産学官連携の取り組みは極めて少ないことが明らかとなった.一方で数は少ないながらも,2000年代以降になって産学官連携によって開発された食用作物の品種が出現しており,またごく一部に限られるものの,産学官連携による新品種開発を活発に行なっている都道府県が存在することも明らかにした.
<Summary>
In the new variety development of main crops (rice, wheat, soybean, etc.), local public technology centers have played an important role. However, they can’ t secure a sufficient budget in recent years. Therefore, it is difficult for them to conduct research and development independently. And previous studies point out the importance of collaboration between public technology centers and other institutions.
Using plant variety breeder’s rights registration data, this paper has analyzed the industry-academia-government collaboration by local public technology centers. In the present study, public technology centers have developed very few main crop varieties through industry-academia-government collaboration. Meanwhile, this paper also revealed that a few local public technology centers are developing varieties of food crops through industry-academia-government collaboration since the 2000s. To clarify this reason is a future research topic.

<キーワード>
農産物品種開発, 公設試, 産学官連携
<Keywords>
Agricultural Varieties Development, Local Public Technology Center, Industry-Academia-Government Collaboration