学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第14巻第3号掲載

AR 領域における商標の使用 - 拡張現実技術を用いた新たな使用態様を巡る現行法上の課題 -
Use of Trademarks in the AR Realm: Issues Under the Current Japanese Trademark Act Related to New Manners of Use Employing Augmented Reality Technology


関 真也
Masaya Seki

日本知財学会誌Vol.14 No.3 p.28-35 (2018-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.14 No.3 p.28-35 (2018-3-20)

<要旨>
近年,AR(Augmented Reality; 拡張現実)と呼ばれる技術の発達と実用化が注目を集めている.AR の登場により,リアルとバーチャルが融合する新たな領域が生まれ,これまで標識法が必ずしも想定していなかった事態が生じ得るようになった.例えば,リアルな商品等にバーチャルな商標を結び付けることによって需要者の出所混同を惹起する場合や,リアルな商標をトリガーとしてバーチャルな商品等の広告を表示する場合などである.本稿では,前者の場合に関し,商標法2条3項各号の「使用」の解釈および適用のあり方を中心に検討する.また,後者の場合に関し,他人の商標の顧客吸引力を利用して自己の商品等の広告を表示するという事案を想定して,メタタグや検索連動型広告に関する裁判例を参考に,商標の使用を認定できるか否かを検討する.
<Abstract>
AR (Augmented Reality) creates the new realm where the real and virtual merge and can cause issues that the current Japanese Trademark Act has not assumed. It is not clear whether a person, who associates a virtual mark visualized by AR technology with physical, real goods, “uses” the virtual mark as a trademark for the purpose of the Act. 
In addition, enterprises would be able to utilize good-will of other’s trademark by using it as a trigger to display AR content such as advertisement for their own products on users’mobile devices. This article addresses these new issues the emerging technology could cause through analysis of the wording of the Act defining the “use” of trademark and by reference to the cases concerning meta-tags and/or search ads.

<キーワード>
拡張現実,商標の使用,広告
<Keywords>
Augmented Reality, Use of Trademarks, Advertisement