学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第14巻第2号掲載

登録商標使用の抗弁
Defense of Registered Trademark Use

岡本 智之
Satoshi Okamoto
日本知財学会誌Vol.14 No.2 p.86-95 (2017-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.14 No.2 p.86-95 (2017-12-20)

<要旨>
本事件は,被告標章1~5(図1 参照)の使用に対する商標権侵害訴訟である.第一審(原審)では,被告標章1~3の使用については先使用権の抗弁が認められ,被告標章4,5については権利濫用の抗弁が認められた.原告(商標権者)は,これを不服とし控訴した.第二審(控訴審)では,被告標章1~3の使用における先使用権の抗弁を維持(第一審の判断を支持)し,被告標章4については被控訴人(被告)の日本国内での使用の事実がない(侵害不成立)とし,被告標章5については「登録商標使用の抗弁」を認めた(侵害不立).ここで,「登録商標使用の抗弁」を認める判決は少ない.そこで,本稿では,本事件を重な題材として「登録商標使用の抗弁」の考察を試みた.その結果,第二審(控訴審)における審理プロセスは妥当性を欠いている,「登録商標使用の抗弁」は極めて限定的な場面でしか機能しない,という結論を導いた.
<Summary>
This incident is a trademark infringement lawsuit that has been heard in the Intellectual Property High Court. Court admitted the “Defense of registered trademark use” to one mark the defendant was using. Here, decision to admit the “defense of the registered trademark use” is rare. In this paper, I tried to consideration of “Defense of registered trademark use”.As a result, I was led to the conclusion that the trial process in appeal trial lacks validity, and “Defense of registered trademark use” does not function only in very limited situations.

<キーワード>
商標権侵害, 登録商標使用の抗弁, 形式的侵害論, 実質的侵害論, 権利濫用の抗弁
<Keywords>
Trademark infringement, Defense of registered trademark use, Formal infringement, Substantial infringement, Defense of rights abuse