学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第14巻第2号掲載

アセアン諸国の知財活用動向 -知財価値評価に基づく知財融資スキーム-
Trend of IP Utilization Activities in ASEAN Countries: IP Financing Scheme Based on IP Valuations

豊崎 玲子
Reiko Toyosaki
日本知財学会誌Vol.14 No.2 p.78-85 (2017-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.14 No.2 p.78-85 (2017-12-20)

<要旨>
近年,ASEAN 諸国は,知財利用促進活動,特にIP 融資スキームの構築に熱心に取り組んでいる.これは,知財に基づいた担保としてのローンを可能にするシステムを提供することにより,中小企業を支援することを目指すものである.各知財庁は,内国民の企業による,より多くの知財出願をも同時に期待している.このスキームの中で知財評価は不可欠なツールである.本稿では,各国が提供する知財融資プロジェクトとその知財評価法について紹介する.
<Summary>
ASEAN countries are recently enthusiastic for promoting utilization IP, especially constructing IP financing schemes. It aims to support SME companies by providing system which enables loan based on their IP as collateral. Each IP office also expects more filing applications by local companies. IP valuation is necessary tool for this scheme. This paper introduces IP financing project provided by each country and their IP valuation method.

<キーワード>
知財評価, 知財評価人, 知財融資, アセアン諸国
<Keywords>
IP valuation, IP Valuer, IP financing ASEAN