学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第14巻第2号掲載

シンガポールにおける意匠制度のリフォームについて-プロ・イノベーションの意匠制度を目指して-
Reform of Design Protection System in Singapore: Design Protection System for Pro-Innovation

藤本 一
Tsuyoshi Fujimoto
日本知財学会誌 Vol.14 No.2 p.5-15 (2017-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.14 No.2 p.5-15 (2017-12-20)

<要旨>
シンガポール政府は,「デザイン」をイノベーションの重要な源泉の一つとして位置付けている.数年前からは,「デザイン」のイノベーション政策における重要性に鑑み,登録意匠法 (Registered Designs Act) の全面的な見直しを行い,その結果,2017 年4月に,登録意匠法改正案が議会に提出された.本稿では,改正法の内容と,その基礎となったシンガポール政府によるレポート「Final Report on the Review of Singapore’s Registered Designs Regime」の内容を検討することにより,シンガポールが,イノベーション政策において「デザイン」をどのように位置付けているのか,また,それとの関係で,どのような視点で登録意匠法を見直したのかを紹介し,我が国における意匠法の見直しの議論に示唆を得たい.
<Summary>
Singapore Government defines “Design” as a key driver of innovation. In view of the significance of “Design” in its innovation policy, the Ministry of Law (MinLaw) and the Intellectual Property Office of Singapore (IPOS) had made a full review of Registered Designs Act (RDA). As a result, MinLaw tabled the Registered Designs (Amendment) Bill for First Reading in Parliament on April 3, 2017. This paper explains the reform bill and “Final Report on the Review of Singapore’s Registered Designs Regime” published by MinLaw and IPOS, which proposed revision of RDA. Outlines of innovation/design policy of Singapore Government and the view point of reviewing RDA are discussed below as part of an attempt to find suggestions for Japan.

<キーワード>
シンガポール, デザイン, 意匠法, イノベーション
<Keywords>
Singapore, Design, Design Act, Innovation, Registered Designs Act