学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第14巻第2号掲載

ベトナムにおける「知的財産権侵害防止及び対応のための行動計画第168 号」の実施状況について
The History and Progress of “Action Plan No. 168 for Prevention and Measures against Acts of Infringements over Intellectual Property Rights” in Vietnam

岡田 貴子
Takako Okada
日本知財学会誌 Vol.14 No.2 p.16-26 (2017-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.14 No.2 p.16-26 (2017-12-20)

<要旨>
ベトナムにおいて2006年7月1日に知的財産法が施行されてから,2009年の改正を経て,すでに10年が経過した.知的財産法の施行時期に先立って開始された,複数の省庁が連携して行うプロジェクト「知的財産権侵害防止及び対応のための行動計画第168 号」(以下,「計画168」)のフェーズI が立ち上がったのも同じく2006年であり,2006-2010のフェーズI,2012-2015のフェーズII を経て,今後フェーズIII につながっていくことが期待されている状況である.各フェーズ終了時には,科学技術省が主催するプロジェクト実施総括会議が開かれ,各段階の終了時に見えている課題等を総括することになっている.ベトナム科学技術省の報告書や現地の報道資料を通して計画168のたどった経過を検証することにより,ベトナムにおける知的財産権侵害対策の約10年の歩みを概観する.
<Summary>
Ten years passed since the Intellectual Property Law came into effect in July 1, 2006 in Vietnam. A Vietnamese governmental project “Action Plan No. 168 for Prevention of and Response against acts of infringements over Intellectual Property Rights” (hereinafter referred to as “Action Plan 168”) was initiated prior to the enforcement of the Intellectual Property Law as a multi-section project organized by several governmental ministries. It is expected that it will lead to Phase III in near future following Phase I of 2006-2010, Phase II of 2012-2015. At the end of each phase, the review meeting sponsored by the Ministry of Science and Technology is held in order to analyze and summarize the accomplishments and still existing challenges of each phase. By reviewing the progress of Action Plan 168 through the Vietnamese Ministry of Science and Technology’s report and on-site press reports, it is possible to outline the ten-year history of development of intellectual property protection system in Vietnam.

<キーワード>
ベトナム, 知的財産, 権利行使, 168, 科学技術省
<Keywords>
Vietnam, Intellectual property, enforcement, 168, Ministry of Science and Technology (MOST)