学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第14巻第1号掲載

標準化によるアウトバウンド型オープンイノベーション
Outbound Open Innovation Promoted by Standardization


江藤 学
Manabu Eto

日本知財学会誌 Vol.14 No.1 p.43-55
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.14 No.1 p.43-55 (2017-10-20)

<要旨> 
本稿では,アウトバウンド型オープンイノベーションの形態のひとつとして,標準化による技術普及を取り上げた.具体的には,既に良く知られている標準化活動のビジネス的成功例,失敗例を,アウトバウンド型オープンイノベーションの観点から再整理し,アウバウンド型オープンイノベーションによって,その利益を自らに還元させるための標準化の使い方について整理した.
<Abstract>  
In this paper, as one form of outbound type open innovation, I focused on technology dissemination by standardization. Specifically, I analyzed the success points and failure points of well-known standardization activities. After that, we reorganized those cases from the viewpoint of outbound open innovation. Finally I grasped several points to earning profit through outbound open innovation of standardization.

<キーワード> 
アウトバウンド・イノベーション, 標準化
<Keywords> 
Outbound Open Innovation, Standardization