学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第13巻第3号掲載

企業のデザイン・ブランド戦略
Corporate Design and Brand Strategy


平野 哲行
Tetsuyuki Hirano
日本知財学会誌 Vol.13 No.3 p.33-38
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.13 No.3 p.33-38 (2017-3-20)

<要旨>
「DESIGN」とは,「具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行ない,それを様々な媒体に応じて表現すること」と解される.デザインとは「ものごとの価値を具現化する手段」であり,敏感にニーズを察知しイノベーションやデザイン・ブランド戦略を俊敏に実行する企業のみがこれからの市場競争に生き残るのである.
<Summary>
Design is defined as “to build ideas and concepts in order to solve a specific problem, and present them based on the needs of various media.” Design is a means for embodying the value of things, and the only business that will survive in a competitive market is those that can catch the needs and quickly execute an innovation and/or design and brand strategy.

<キーワード>
デザイン・ブランド戦略, 最適な技術, 組織改革, もの・コトの可視化
<Keywords>
Design and Brand Strategy, Optimum Technology, Organizational Reforms, Visualization of Things and Matters