学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第13巻第3号掲載

類似群コードを用いたブランドの商標分析
Analysis of Trademarks Using Similar Group Code of Trademarks


小田 哲明
Tetsuaki Oda
日本知財学会誌 Vol.13 No.3 p.15-22
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.13 No.3 p.15-22 (2017-3-20)

<要旨>
コーポレート・ブランドを初め,企業は様々なブランドを商品などに展開している.これらのブランドの総合的な価値が企業のブランド価値を形成している.また,ブランドを保護するため,企業はこれらのブランドについて商標出願している.商標出願には様々な書誌情報が含まれるが,商標の商品・役務に関する類似群コードを用いてブランドの深耕度と広域度を測る商標分析フレームワークは,従来の研究にはない.本研究では,類似群コードを利用した商標分析フレームワークを提案し,当該商標分析フレームワークを用いてブランドの深耕度と広域度による計量分析を行なった.
<Summary>
As a corporate brand, a corporate sells many products with brands. An integrated value of the brands forms a value of the corporate. The corporate files applications of trademarks for protection of the brands. Although trademark application includes many bibliographic data, the prior studies do not present a framework analyzing depth and spread of corporate brands using a similar group code of a trademark system. This paper presents a framework using the similar group code and analyzes depth and spread of brands.

<キーワード>
ブランド, ブランド戦略,類似群コード
<Keywords>
Brand, Brand Strategy, Similar Group Code