学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第13巻第2号掲載

生物多様性から工学への技術移転: 生物模倣技術から生物規範工学へ
Technology Transfer from Biodiversity to Engineering: From Biomimetics to Engineering Neo-Biomimetics


下村 政嗣
Masatsugu Shimomura

日本知財学会誌 Vol.13 No.2 p.4-10 (2016-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.13 No.2 p.4-10 (2016-12-20)

<要旨>
バイオミメティクス(生物模倣)の現代的意義は,生物の進化適応の結果である生物多様性の背景にある“生物の生き残り戦略”が,近代科学技術の喫緊の課題である“持続可能性に向けた技術革新”を可能とするパラダイムシフトをもたらすことにある.生物を直接利用するバイオテクノロジーとは異なるために,生物活動の背景にある原理を抽出しその工学的な適用が求められる.膨大な生物学の知識から工学への“技術移転”を行なうためには,博物館等が所蔵するインベントリーを工学的に利用できるデータベースにする必要がある.壮大なるコンビナトリアル・ケミストリーの結果であるビッグデータとも言うべき“生物多様性データベース”から,工学にとって有用な知識を抽出するためには,情報科学による活用が不可欠である.これにより,生物模倣技術は分子から生態系までを網羅する総合的な技術体系である生物規範工学となる.
<Abstract>
Biomimetics is the innovative paradigm shift based on biodiversity for sustainability. Biodiversity is not only the result of evolutionary adaptation but also the optimized solution of “an epic combinatorial chemistry” for sustainability, because the diversity has been acquired by “biological processes and technology” including “production processes,” “operating principles,” and “control systems,” all of which differ from the “human technology”. Recent progress of the information science can transform the knowledge of natural history into the information of engineering and technology. Biomimetics is an emergent interdisciplinary field of natural history, biology, ecology, mathematics, physics, chemistry, nanotechnology, materials science, mechanical engineering, architecture, economics, and sociology.

<キーワード>
生物多様性,情報科学,技術移転,持続可能性,パラダイム変換
<Keywords>
Biodiversity, Information Science, Technology Transfer, Sustainability, Paradigm Shift