学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第13巻第1号掲載

日中韓の営業秘密保護 ─ 3カ国の比較を通した課題と今後の協力の可能性 ─
Eastern Asian Trade Secret: Mutual Comparison to Identify Tasks and Next Step for Future Cooperation


古谷 真帆、渡部 俊也
Maho Furuya, Toshiya Watanabe
日本知財学会誌 Vol.13 No.1 p.39-46 (2016-8-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.13 No.1 p.39-46 (2016-8-20)

<要旨> 
本稿は2015年12月に東京大学で開催された日中韓連携知的財産シンポジウム「世界に発信する東アジアの知財制度と戦略」におけるパネル討論「東アジアから発信する営業秘密保護制度と戦略」(モデレーター : 渡部)をもとに,補足的な調査をし,パネル討論の要旨をまとめた上,そこから,日中韓3国の営業秘密保護に関する今後の協力関係を検討したものである.国内外への営業秘密の漏えい事件の顕在化や企業におけるオープン・クローズ戦略の増加を踏まえ,現在,日中韓が,それぞれ同様の問題意識を抱えており,官民を越えた関係者の意識の高まりを生かして,各国が適切な法制度を整備して,フェアな競争の中で技術力を高めていく基盤を構築することが求められる.

<Summary>
This article is based on the one of the panel discussions, “East Asian trade secret and strategy for worldwide users” moderated by Prof. Toshiya Watanabe, in the symposium, “East Asian IP Judiciary system and strategy for worldwide users” in Tokyo University on December 3 and 4, 2015. We summarize the discussion and conduct complementary research with the aim to help construct further cooperation between China, Korea and Japan. Having confronted recent leakage incidents of trade secret and increase the open-close strategy by global enterprises, each East Asian countries is sharing the awareness of the issues and simultaneously required to provide felicitous judicial system leading to sound development of technological strength under fair competition.

<キーワード> 
営業秘密,営業秘密保護,日中韓
<Keywords>
Trade Secret, Trade Secret Protection, China, Japan and Korea