学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第12巻第2号掲載

大学名称等の商標出願手法
Method for Trademark Applications of University Names or Emblems


中川 勝吾
Shogo Nakagawa
日本知財学会誌 Vol.12 No.2 p.60-80 (2015-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.12 No.2 p.60-80 (2015-12-20)

<要旨>
多くの大学は企業と産学連携活動を行なっていることから,企業が大学名称や校章を使用することが考えられる.多くの大学が大学名称や校章に係る商標権を取得しているが,大学は法律により自己の業務が限定されていることから,不使用取消審判によりこれらの商標権が取消されるおそれがある.一方,防護標章は,不使用取消の対象とならないため防護標章登録出願を活用した大学名称および校章の出願手法を提案する.
<Summary>
Most universities promote collaboration with enterprises. The enterprises may use university names or emblems in this situation. Many universities have obtained trademarks of their names and emblems. However universities’ business is limited to education by laws. Therefore, trademarks may be canceled on account of non-use in that area. On the other hand, defensive marks are not canceled on the ground of non-use. This pater proposes the use of defensive marks for protection of university names and emblems.

<キーワード>
商標,大学名称,防護標章,産学連携,不正競争防止法
<Keywords>
Trademark, university name, defensive mark, industry-university collaboration Unfair Competition Prevention Act