学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第12巻第2号掲載

オンラインゲーム上のチート行為への法的対応
Legal Response to Cheating on Online Games


安田 和史
Kazufumi Yasuda
日本知財学会誌 Vol.12 No.2 p.52-59 (2015-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.12 No.2 p.52-59 (2015-12-20)

<要旨>
ゲーム市場の中でも,オンラインゲームの分野は,最も成長が期待されている分野であるといえる.オンラインゲームでは,多くのプレイヤーが同一プラットフォーム上でゲームを楽しんでいる.このような,ビジネス環境において公正を保つためには,ルールの整備と秩序が必要であり,ゲーム運営者による管理が十分に行なわれる必要がある.しかしながら,近年問題が指摘されるオンラインゲーム上の不正行為の1つであるチート行為によりその秩序が破壊されるリスクが生じている.そこで本稿では,オンラインゲーム上のチート行為への法的対応に関し検討を行なう.
<Summary>
Online games should be administered carefully by game operators. However, there is a risk that the order controlled by game operators will be broken by cheating. Therefore, the purpose of this article is to study the legal response to cheating on the online games from a perspective of the Copyright Act and the Unfair Competition Prevention Act.

<キーワード>
オンラインゲーム,チート,著作権法,不正競争防止法,ソーシャルネットワーキングサービス
<Keywords>
Online game, cheating, Copyright Act, Unfair Competition Prevention Act, Social networking service