学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第11巻第2号掲載

我が国に導入すべき地理的表示保護制度の方向性についての一考察
Consideration about the Directionality of the Geographical Indication Protection System in Japan


松田 康之、小田 哲明
Yasuyuki Matsuda, Tetsuaki Oda
日本知財学会誌 Vol.11 No.2 p.84-96(2014-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.11 No.2 p.84-96(2014-12-20)

<要旨>
TRIPS 協定の成立以来,世界的に地理的表示(GI: Geographical Indications)保護制度の導入が進んでいる.こうした国際的な状況下にあって,近年,我が国でも国内の農林水産物の競争力強化の観点から地理的表示保護制度の導入をめぐる議論が本格化してきており,2012 年に農林水産省内に「地理的表示保護制度研究会」が設置された.本研究会はこれまでに計5 回の有識者による検討が行われ,検討結果を報告書骨子案としてまとめた.
本研究では,上記研究会報告書骨子案の提言を問題提起として捉え,はじめにその提言内容について分析した上で,我が国に導入すべき地理的表示保護制度の在り方,その方向性を考察した.その結果,国際的な制度調和の観点から,現行制度との整合性を図った上で,我が国にも特別な(sui generis)制度を導入する必要があると結論付けた.
<Summary>
Introduction of the geographical indication (GI: Geographical Indications) protection system is progressing globally since conclusion of WTO-TRIPS Agreement. Under such an international situation, the“geographical indication protection study group” was installed in the Ministry of Agriculture, Forestry, and Fisheries(MAFF)in 2012. In this study, ideal geographical indication protection system in Japan was considered on the basis of the proposal of the above-mentioned study group report. Our result was that ideal geographical indication protection system in Japan was dual system of the present system and sui generis protection system.

<キーワード>
地理的表示,TRIPS協定,地域団体商標制度,地域ブランド,農林水産省 
<Keywords>
Geographical Indication(GI), WTO-TRIPS, Regional collective trademark system, Regional bland, The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries(MAFF)