学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第11巻第1号掲載

オリンピック開催とアンブッシュ・マーケティング規制法
Olympic Games and Anti-Ambush Marketing Laws


足立 勝
Masaru Adachi

日本知財学会誌 Vol.11 No.1 p.5-13 (2014-9-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.11 No.1 p.5-13 (2014-9-20)

<要旨>
昨年2013 年9 月に2020 年オリンピック開催都市として東京が選ばれたことを契機に,我が国でアンブッシュ・マーケティングについて関心が高まってきている.しかしながら,この活動は1980 年代から知られており,2000 年以降オリンピックやFIFA ワールドカップなど大規模スポーツイベントを開催した国で,「アンブッシュ・マーケティング規制法」が制定されている.こうした法は,Sui Generis Protection(特別な保護)と呼ばれることもある.
本稿では,オリンピックを中心に,まずアンブッシュ・マーケティングの主なパターンを述べ,「アンブッシュ・マーケティング規制法」の例としてオーストラリア,ロシアでそれぞれ制定された法を確認し,制定された経緯および背景を探求し,Sui Generis Protection として扱うべきであるのか検討する.最後に,我が国にて,民間イベントであるオリンピックのための「アンブッシュ・マーケティング規制法」の制定の課題を指摘する.
<Abstract>
Upon the announcement that Tokyo was elected as the host city of 2020 Olympic Games, the scholars/researchers in Japan started to pay attentions to the Ambush Marketing. However, there have been such activities since 1980’s and Anti-Ambush Marketing Laws were enacted in Olympic and/or FIFA World Cup host countries since 2000. Such laws were sometimes called as laws for Sui Generis Protection.
This paper categorizes four (4) patterns of Ambush Marketing activities, and explains how Australian and Russian laws for Sydney and Sochi Olympics are set forth respectively as examples of Anti Ambush Marketing Laws. Then, reviews the background/details of such laws to examine whether those should be treated as Sui Generis Protection. As a conclusion, points out the challenge when Japan need to set up Anti-Ambush Marketing Law for 2020 Tokyo Olympic. The challenge is whether Japan has the legal ground to be applied generally, which other countries have, in regard to Olympic Games to be privately organized by IOC and the organizing committee.

<キーワード>
アンブッシュ・マーケティング,オリンピック,FIFA ワールドカップ,不正競争,特別保護
<Keywords>
Ambush Marketing, Olympic, FIFA World Cup, Unfair Competition, Sui Generis Protection