学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第11巻第1号掲載

理化学研究所における発明者の所属機関と権利帰属機関の相違が特許権の利用に与える影響
The Effect on the Use of Patent Rights Resulting from the Differences in the Affiliated Institution of Inventors and the Ownership Institution of the Rights in RIKEN

深萱 恵一
Keiichi Fukagaya

日本知財学会誌 Vol.11 No.1 p.45-57 (2014-9-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.11 No.1 p.45-57 (2014-9-20)

<要旨>
本稿は,日本の公的研究機関である独立行政法人理化学研究所(理研)を対象とした特許権の利用について実証的に分析した研究である.発明者が理研に在籍していない場合,特許権の利用が相対的に少ないと仮定し,2009 年3 月31 日の時点で有効に登録されている国内,単独で保有する特許権236 件を対象に,ライセンス契約の有無,実施料の有無,放棄を利用の指標として調べた.
その結果,発明者の在籍がライセンス契約締結の確率を約40% 高めることを明らかにした.このことは,理研では,発明者が転出した場合,特許権は利用されにくいことを意味している.任期制の導入等によって発明者の転出機会が増大することは,特許権の利用を阻害する要因になりうることを実証的に示した.
<Abstract>
This research is an empirical analysis of the use of the patents owned by RIKEN, a national research institute for natural sciences in Japan. License agreements, royalties and abandon of 236 patents as of March 31, 2009, were analyzed as index parameter under the assumption that the use of a patent is relatively fewer if the inventor moves from RIKEN.
The likelihood of licensing is increased by 40% if the inventor is affiliated with RIKEN, supporting the assumption that fixed term of employment may be disincentive for use of the patent.

<キーワード>
産学連携,任期制,特許権の利用 
<Keywords>
Academic-Industrial Collaboration, Fixed-Term Employment System, Use of Patent Right