学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第11巻第1号掲載

スポーツ選手のパブリシティー
On Publicity of Athlete

金井 重彦
Shigehiko Kanai

日本知財学会誌 Vol.11 No.1 p.25-30 (2014-9-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.11 No.1 p.25-30 (2014-9-20)

<要旨>
スポーツイベントは,今ではビジネスとなり,大きな大会はビジネス的に収支計算が立たなければ実行が難しくなっている.このような現状の中で,選手の肖像権は,スポーツビジネス上大きな地位を占めている.
他方その帰属をめぐって,所属チームと選手個人,競技団体,主催者との間で,その所属をめぐり争いのあるところである.最近の最高裁判決も踏まえて,このようなスポーツとパブリシティーの関係を概観してみた.今後さらに研究を深めたい.
<Abstract>
Today, sporting event has become commercial business, and it is difficult to hold a large scale sporting event unless it is profitable as business. Under such circumstances, athlete’s portrait right has an important status in the business of sports. Ownership of such right sometimes is disputed among individual athletes, their employers/teams, associations of teams and event organizers. I have tried to outline the relationship between sports and publicity, taking the recent Supreme Court cases into consideration.

<キーワード>
スポーツ選手,パブリシティー権,スポーツビジネス法 
<Keywords>
The right of Publicity, athlete, law of sports