学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第10巻第3号掲載

発明者の内発的動機と金銭的報酬 ‐先行研究と日米欧発明者サーベイの結果から‐
Inventor’s Intrinsic Motivation and Monetary Reward: The Results of Inventor Survey in Japan, EU and U.S.


大西 宏一郎、長岡 貞男
Koichiro Onishi, Sadao Nagaoka
日本知財学会誌 Vol.10 No.3 p.4-13 (2014-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.10 No.3 p.4-13 (2014-3-20)

<要旨>
本稿では、発明者のモチベーションと成果の関係性について、先行研究と日米欧発明者サーベイの結果を基に議論した。結果では、先行研究および発明者サーベイの結果の両方で、発明活動においては内発的動機が重要なモチベーションとなっていること、そして、そのような内発的動機が優れた発明を生む原動力となっている可能性を示す結果を得た。一方で、現在までの先行研究では、発明者に対する金銭的報酬も、支払い対象となる成果を増加させるという結果を得ている。ただし、後者の結果はあくまでも「対象となる成果」が増加することのみを意味しており、内発的動機のクラウド・アウト効果やマルチタスキングの問題が起きている可能性を否定するものではない。今後更なる研究が期待される。
<Summary>
In this paper, we review how previous literatures treat the relationship between inventors’ motivation and their research outputs, and then we investigate this relationship using inventor survey in Japan, EU and U.S. Especially, we focus on researchers’ intrinsic motivation such as taste for science and monetary reward. Previous literatures indicate that intrinsic motivation is the most important for their inventive activities, and this motivation is correlated with their outputs. Further, while monetary reward for inventors also lead to an increase their outputs, this effect may also cause problems such as crowding out of intrinsic motivation, multi-tasking problem. In the survey, we find similar results to previous literature.

<キーワード>
発明者,モチベーション,内発的動機,金銭的報酬,職務発明
<Keywords>
Inventor, motivation, Intrinsic motivation, Monetary reward, employee invention