学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第10巻第3号掲載

外的報酬とイノベーション活動の成果に関する実証研究
An Empirical Study on Extrinsic Rewards and Innovation Performances


金間 大介、西川 浩平
Daisuke Kanama, Kohei Nishikawa
日本知財学会誌 Vol.10 No.3 p.14-25 (2014-3-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.10 No.3 p.14-25 (2014-3-20)

<要旨>
本研究では,企業の研究開発者に対する評価や報奨制度が,実際にイノベーション活動の成果に結びついているかどうかについて統計的に検証した.推定の結果,次の3点が明らかとなった.第1に,研究成果に基づく評価制度や報奨制度を導入している企業ほど,新製品や新サービスを市場投入している傾向にあることが明らかとなった.第2に,研究成果に基づく評価制度を導入している企業ほど高い技術的優位性を有する新製品や新サービスを開発していることが示された.第3に,研究成果に基づく評価制度や報奨制度の導入と新製品・新サービスからの収益の間に統計的な有意性は見い出せなかった.
<Summary>
This paper reports an empirical result on the relationship between extrinsic rewards and innovation performances. The analysis finds the following three aspects. First, the evaluation system based on the R&D outputs and the compensation system for employee inventions increase market introduction of new products/new services. Secondly, the evaluation system based on the R&D outputs realizes high-tech products/services. Thirdly, no statistical evidence has been found in connection with the evaluation system and compensation system and profitability from innovation.

<キーワード>
評価,報奨,イノベーション,成果,研究開発者
<Keywords>
Evaluation, compensation, innovation, outcome, R&D employee