学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第10巻第2号掲載

世界各国の地理的表示保護制度が採用する法形式に影響を与える要因の分析
Analysis of the Factor to Affect the Law Forms to Adopt in the Geographical Indication
Protection System of the Countries around the World


松田 康之、小田 哲明
Yasuyuki Matsuda, Tetsuaki Oda
日本知財学会誌 Vol.10 No.2 p.43-66 (2013-9-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.10 No.2 p.43-66 (2013-9-20)

<要旨>
近年,我が国における地理的表示 (Geographical Indications : GI) 保護制度の導入をめぐる議論が本格化してきており,関係省庁内で検討が進んでいる.地理的表示保護制度の法形式は各国で異なることが知られているが,こうした法形式の相違を生み出す要因については明らかではない.そこで,本研究では,地理的表示保護の法形式の相違を生み出す要因を明らかにすることを目的に,各国の地理的表示保護制度の法形式と国際関係や経済状況といった要因の間には何らかの相互作用が介在するとの仮説を立て,各国の地理的表示保護制度の法形式との関係について定量的な手法により比較検討した.その結果,関連する国際条約の加盟状況と各国の経済状況において法形式による統計上の有意差が見られた.この結果,国際条約上の義務自国の経済状況や産業政策が各国の地理的表示保護制度の法形式の選択に影響を及ぼす可能性が示唆された.
<Summary>
Recently, geographical indication (GI) protection system gets into full swing in Japan. The law forms in the GI protection system are known to be different in each country, but are not apparent about the factor to bring about the difference in such law form. Therefore, in this study, the duty in the international treaty, the economic condition and the industrial policy of the own country had an effect on the choice of the law form of the GI protection system of each country more were suggested in this way.

<キーワード>
地理的表示,TRIPS 協定,商標制度,1 人当たり国民所得,比較法,
<Keywords>
Geographical Indication (GI), WTO-TRIPS, Trademark, GNI Comparative law