学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第10巻第2号掲載

日本の成長戦略のためのハイテクベンチャー振興と知的財産戦略
Promotion Policy of High-tech Venture and Strategy of Intellectual Property for Japan Economic Growth

松田 修一
Shuichi Matsuda
日本知財学会誌 Vol.10 No.2 p.4-13 (2013-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.10 No.2 p.4-13 (2013-12-20)

<要旨>
日本の置かれているモノづくり企業のグローバルの実態を直視し,少なくとも「技術に勝っている」現状を日本の成長戦略に活かすハイテクベンチャーの簇業と知財戦略,さらにこれを可能にする総合的振興策について検討することにする.ハイテクベンチャーのベンチャーにおけるポジショニング,ハイテクベンチャー成長の資金戦略と知財戦略,さらにポリ乳酸の量産技術確立のための具体的な知財戦略事例を示す.日本の成長戦略のために必要な5つの課題を指摘する.司令塔としての知的資産庁への再編,ハイテクベンチャーへの税制恩典,M&A によるのれんの非償却,グローバル事業構想人材の育成,医療ツーリズム事業を中核とする総合特区である.なお,簇業(そうぎょう)とは,「湧きいずるように草木が生い茂るような創業」をいう.
<Summary>
Main action of Japan electric companies is moving to growth foreign market. But Japan win at the technology, but lose at the business. This paper is a study of the importance promotion policy of high-tech venture and strategy of intellectual property for japan economic growth. I propose to 5 sweeping innovations ; reorganization of intellectual property office, tax privilege for high-tech venture, no depreciation of M&A goodwill, cultivation of global leader talent, introduction of synthetic medical tourism economic region.

<キーワード>
ハイテクベンチャー,知財戦略,税制恩典,のれん非償却,医療ツーリズム総合特区 
<Keywords>
high-tech venture, strategy of intellectual property, tax privilege, no depreciation of W&A goodwill, synthetic medical tourism economic region