学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第10巻第2号掲載

ベンチャーの持続的成長のための規制改革
Regulatory Reform for Venture Business Growth

杉田 定大
Sadahiro Sugita
日本知財学会誌 Vol.10 No.2 p.23-27 (2013-12-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.10 No.2 p.23-27 (2013-12-20)

<要旨>
我が国では,現在,安倍政権で,規制改革会議において,岩盤規制の大改革に取り組んでいるところであり,その成果に大いに期待したい.規制改革会議では,ベンチャーが成長する上で障害になっている多くの規制についての改革の取り組みの議論が本格化されていない.とりわけ,岩盤規制はベンチャー企業の成長に障害になっており,事業機会を奪われている.ベンチャー企業の成長に寄与する規制改革を目指すべきである.そのような観点から,さる7 月に,ベンチャー学会において制度改革委員会(委員長 : 秦信行國學院大學教授)に,緊急提言を出したところである.それに沿って,本学会誌において,「ベンチャーの持続的成長のための規制改革」についての緊急提言の概要を紹介するとともに,私なりの考えを述べる.
(概要のポイント)
 1. IPO 市場改革
 2. 資金調達手段の多様化
 3. 公共調達制度の見直し
 4. 知的財産制度の見直し
 5. 農業分野への新規参入促進
 6. 戦略的な産学官連携政策の推進
 7. 雇用制度の見直し
 8. 官製市場改革の推進
 9. ベンチャーファンドの連結決算義務の見直し
<Summary>
In Japan, PM Abe administration takes positive action to perform the regulatory reform in his council. This council is not so positive to tackle the reform of deregulation of obstacles for ventures and entrepreneurs business growth. We should promote the regulatory reform for expanding venture business opportunity. Last July 2013, the Japanese academic society of ventures and entrepreneurs (JASVE) submitted the proposal for venture related regulatory reform. This proposal is explaining the details. (ex, IPO market, public procurement, IPR, agriculture-business)

<キーワード>
ベンチャーのための規制改革提言
<Keywords>
Regulatory Reform for Ventures