学会誌・資料 Journal

日本知財学会誌 第10巻第1号掲載

ライフサイエンス分野における大学の知的財産活用と普及の在り方とは
What is Good Practice for Dissemination of Intellectual Property of University in Life Science Area?

早乙女 周子, 寺西 豊, 阿部 誠二
Chikako Saotome、Yutaka Teranishi、Seiji Abe
日本知財学会誌 Vol.10 No.1 p.49-58 (2013-9-20)
Journal of Intellectual Property Association of Japan Vol.10 No.1 p.49-58 (2013-9-20)

<要旨>
大学が知的財産として研究成果を保護する意味は,大学が金銭的な利益を得ることのみではなく,事業化を通じて大学の研究成果を社会に還元することである.中でも,人類の健康に資する研究であるライフサイエンス研究は,公共性の高い分野である.また,研究に用いるリサーチツールにはヒト遺伝子の様に代替性のない物も多数存在する.そのため大学の知的財産の不適切な行使により大学および産業界の研究開発の進捗が阻害されると,大学の研究成果を社会に還元することができなくなり,結果として社会全体が大きな損失を被ることになる.そこで本稿では,ライフサイエンス研究における大学の代表的な知的財産である研究成果有体物(研究マテリアル)と特許(特に基盤技術)の活用に関し,iPS 細胞の事例を紹介しながら,公共性の観点からMTA と特許ライセンスがどのようにあるべきかについて考察した.
<Summary>
Intellectual properties resulted from academic research should be utilized not only for financial benefit, but also for improvement of the society through business. Especially, life-science researches significantly contribute to the society for human health, and use irreplaceable research tools such as a human gene. Therefore, inadequate use of intellectual property resulted from academia may make big social loss by interfere research and development in industry and academia. In this paper, we discuss a good practice of MTA and patent license for dissemination of research materials and basic technology patents that are typical intellectual properties of university in life science area, with the case of the iPS cell technology.

<キーワード>
大学,ライフサイエンス研究,MTA,特許,iPS 細胞
<Keywords>
Academia, Life Science Researches, Material Transfer Agreement, Patent, iPS cells