学術研究発表会 Research Presentation

第19回年次学術研究発表会

第19回年次学術研究発表会の概要

テーマ:「Society5.0の実現に向けた知財マネジメントの役割と新たな挑戦」

 2021年4月からスタートした第6期科学技術・イノベーション基本計画では、新型コロナウイルスの到来による社会情勢の変化を受け、改めて第5期科学技術基本計画で掲げたSociety5.0の実現へ向け、強い意志が込められることとなった。
 一方、Society5.0の実現過程においては、AI等の技術進歩はもとより、経済社会全体を通したデジタル化やデータ利活用の促進が不可欠となってくる。ここには、工学や情報科学などの技術的視点、生産性や労働環境、事業化、収益化いった経営的視点、データガバナンスや国際協調といった法的・政策的視点、個人情報の扱いやコミュニケーションの変容といった社会的受容性の視点が内包される。しかしながら、同基本計画においては、知的財産の視点はデータガバナンスなど、ほんの一部に留まる。
 メインシンポジウムでは、研究・イノベーション学会とのコラボレーション企画として、原山優子研究・イノベーション学会会長をお招きし、今後の科学技術・イノベーション政策の展望についてご講演していただくとともに、Society5.0の実現過程において求められる知財マネジメントの役割や、今後直面するだろう課題について議論を深める。

日 程 2021年11月27日(土)、11月28日(日)
開催方法 オンライン(Zoomを予定)
(配信拠点:国立大学法人電気通信大学)
特別協賛 日本弁理士会
企 画 大会実行委員会

【弁理士の方へ】
特別協賛団体の会員は、学術研究発表会に限り法人会員と同等の権利を有します。
一般発表のお申込み/参加お申込みの際は、法人会員(賛助会員、協賛団体会員)
としてお申込みください。

参加費と参加申込方法

会 員  3,000円 ※2日間通し、予稿集を含む
一 般  7,000円 ※2日間通し、予稿集を含む

※参加お申し込みは、10月中旬に受付開始予定です。

プログラム(予定)


11月27日(土)
10:00
~15:50
●一般発表
※下記のセッションと並行して開催
10:00
~11:30
●バイオテクノロジー技術を利用した植物品種の同定
 (日本弁理士会協賛セッション)
●ビジネス提案型の知財マネジメント(仮)(知財人財育成研究分科会)
12:00
~13:30
●史上最悪を更新した海賊版サイト被害の現状
 (コンテンツ・マネジメント分科会)
●SDGsはサーキュラーエコノミーの一里塚
~循環経済社会の台頭による、知財・標準マネジメントの変容と多様化~
14:00
~15:30 
●SEP(標準必須特許)を巡る激動の一年
 ~ASI(外国と症禁止命令)とその影響(仮)
●医療情報の二次利用について(仮)
16:00
~18:30 
●シンポジウム
 進行:金間大介 実行委員長(金沢大学 融合研究域融合科学系 教授)
◇基調講演Ⅰ
「Society5.0の実現に向けたイノベーション政策(仮)」
 原山優子(研究・イノベーション学会 会長
       /国立研究開発法人理化学研究所 理事) 
◇基調講演Ⅱ
「企業におけるDXの先進的取組み:株式会社ダイセルの事例(仮)」
 小河義美氏(株式会社ダイセル 代表取締役社長)
◇話題提供
「DXを活用した新しいまちづくり
 :国家戦略特区とスーパーシティ構想(仮)」
 落合孝文氏(内閣府 地方創生推進事務局 国家戦略特区担当、弁護士)
◇パネル討論
「Society5.0の実現に向けた知財マネジメントの役割と新たな挑戦」
 小河義美氏(再掲)
 落合孝文氏(再掲)
 田中茂明氏(内閣府 知的財産戦略推進事務局 事務局長)
 原山優子氏(再掲)
 渡部俊也氏(東京大学 教授/本学会会長)※モデレーター

11月28日(日)
10:00
~16:00
 ●一般発表
※下記のセッションと並行して開催
10:00
~11:30
●イノベーションを取り巻く環境と知財活動(仮)
 (ビジネスと知的資産・知財法研究分科会)
●有能なURAに必要なスキル:スターサイエンティストになるためには
●ニューノーマル時代の働き方に則した内部不正防止
 /秘密情報保護の指針の在り方とは(協力:営業秘密保護推進研究会)
12:30
~14:00 
●イノベーション創出を志向したデータの取り扱いの最適化
●知財人材の流動化に向けて
14:30
~16:00
●新たなイノベーションを実現するブレークスルー技術の
 評価・保護の在り方
●意匠と商標の交錯(ブランド経営分科会)
●ラウンドテーブル:知財教育(仮)(知財教育分科会)