シンポジウム Symposium

シンポジウム

日中韓連携知的財産シンポジウム
 ネットワークとデータが全てを飲み込む時代の知財戦略

開催概要

 日本知財学会、韓国知識財産学会(旧:韓国産業財産権法学会)、中国知識産権研究会は相互に学術協力協定を締結しており、2012年より年に1回三カ国交代でシンポジウムを開催しております。
 今年は特許庁および日本弁理士会と共催し、日本で開催いたします。

※本シンポジウムは、日本弁理士会の継続研修としての認定を受けています。
研修として受講すると、4.5単位が認められる予定です。
なお、15分以上の遅刻、早退または中座する場合には、単位が認められませんのでご注意ください。

日 程 2018年11月9日(金)10時~17時
場 所 政策研究大学院大学 想海樓(そうかいろう)ホール
http://www.grips.ac.jp/about/access/
主 催 日本国特許庁、日本知財学会、日本弁理士会
共 催  中国知識産権研究会、韓国知識財産学会
言 語 日本語、中国語、韓国語(同時通訳あり)
参加費 無料(事前参加登録制) 
参加登録
詳 細
シンポジウム専用WEBサイトをご覧ください。
https://www.omc.co.jp/chizai2018/index.html

プログラム(予定)
9:30-10:00 受付
10:00-10:10 ●主催者挨拶
 宗像直子(日本国特許庁長官)
 渡邉敬介(日本弁理士会 会長)
10:10-10:20 ●来賓挨拶
 趙志彬(中国知識産権研究会 秘書長)
 孫源(韓国知識財産学会 会長)
10:20-12:00 ●講演
「各国の知財制度の最新動向(仮題)
 川上敏寛(特許庁総務部総務課 制度審議室長)
 趙志彬(中国知識産権研究会 秘書長)
 車相陸(韓国 慶北大学法学専門大学院 教授)
 12:00-12:20 ●三団体協定報告
 日本:渡部俊也 会長、中国:張健佳 部長、
 韓国:尹宣熙 名誉会長、祝辞:佐藤辰彦 弁理士
12:20-13:30 昼休憩
13:30-15:05 ●パネルディスカッション
「AIとデータの保護(仮題)」
<パネリスト>
 戸田裕二(株式会社日立製作所 知的財産本部長・弁理士)
 趙杰(中国知識産権研究会 常務理事
     /BYD株式有限公司 知識産権総監)
 孫承佑(韓国 中央大学産業保安学科 教授)
<モデレーター>
 渡部俊也(東京大学 教授/日本知財学会 会長)
15:20-16:55 ●パネルディスカッション
「知財文化と知財教育(仮題)」
<パネリスト>
 木村友久(山口大学 大学研究推進機構知的財産センター
      副センター長・教授)
 宋河発(中国知識産権会 学術顧問委員会委員
      /中国科学院 科学技術戦略コンサルティング研究員)
 韓志泳(韓国 朝鮮大学法科大学 教授)
<モデレーター>
 片桐昌直(大阪教育大学 教育学部 教授)
 16:55-17:00  ●クロージング
 橋本正洋(東京工業大学 教授/日本知財学会 副会長) 

シンポジウム

【入会のご案内】会員のメリット、法人/個人会員のお申込み