分科会 Subcommittee

【会員対象】定例研究会

第23回定例研究会(知財制度・判例分科会 第41回判例研究会)
「知財判例の読み方~近年の重要判例を題材として~」

 第23回定例研究会は、知財制度・判例分科会が担当いたします。
 毎年恒例で開催となっておりますが、分科会座長顧問である角田政芳先生に近年の重要判決を題材として「知財判例の読み方」についてご解説いただきます。
 ぜひ多くの会員の皆さまにご来場いただければ幸いです。

【日 時】 2018年4月21日(土)18時~20時 ※17時30分開場
【会 場】 東京理科大学 理窓会会議室 「PORTA神楽坂」7階第2会議室
     http://most.tus.ac.jp/mot/summary/  ※地図16番の建物です
     ※各線飯田橋駅より徒歩1~3分
【テーマ】 「知財判例の読み方~近年の重要判例を題材として~」 
【講演者】 角田政芳氏(弁護士・東海大学教授)
【内 容】 使用する判決は、3月中旬に公表いたします。
【参加費】 無料
*2018年度会員(法人会員/個人会員/学生会員)の参加が可能です。
【参加申込】 こちらの参加登録フォームからお申込ください。
 https://fs223.formasp.jp/c358/form9/
【角田政芳教授について】
東海大学法学部教授、東海大学総合社会科学研究所知的財産部門長、弁護士。
一般社団法人発明推進協会で「知財判例の読み方入門」セミナー講師、知的財産権法判例研究会の座長代理などをご担当されていることから、ご存知の方も多いと思いますが、 当分科会でも設立当初から座長をお引き受けいただき、判例研究会を通じて知財学会会員の指導をご担当いただいております。

※著書
・角田政芳=辰巳直彦『知的財産法 第8版』 (有斐閣アルマ、2017年)
・角田政芳(編)『判例付き 知的財産権六法2016 平成28年版』(三省堂、2016年)
・角田政芳=関真也『ファッションロー』(勁草書房、2017年)

※東海大学総合社会科学研究所知的財産部門
 http://www.ssrip.u-tokai.ac.jp/HPC-index.html
角田政芳教授が部門長を務める研究所であり、「ファッションロー研究」および「コンテンツと法研究」に力を入れておられます。当分科会も、シンポジウムなどを共催させていただいております。

・ファッションローシンポジウム"RUNWAY to the LAW"
 http://www.ssrip.u-tokai.ac.jp/archives/flsymp01.html
・コンテンツと法シンポジウム"コンテンツの新大陸"
 http://www.ssrip.u-tokai.ac.jp/archives/clsymp01.html
●知財制度・判例分科会のFacebook pageページに「いいね」をお願いします。
 https://www.facebook.com/ipcssc